IMG_0139.JPG

2009年02月16日

海外旅行の持ち物:ガイドブック

海外の旅行で、事前準備として必ずと言って持ち物の中に入れる物の一つに
ガイドブックがあると思います。ガイドブックは、旅行に行く前に観光計画を
立てるのに便利ですが、現地で使用とすると、注意した方が良い点があります。
それは、あまり、大きな写真などでページを割いている物は、現地では、あまり
使い勝手は、良くありません。使い勝手が良いガイドブックは、現地の交通機関の
時刻表や、交通機関の案内板が写真で出ている物です。海外では、町の雰囲気や
物の設置の方法が日本と異なりますので、現地の交通機関の表示などがそのまま
写真であれば、かなり便利です。次に現地の地図が、広範囲に載っているガイド
ブックが良いかと思います。タクシーに乗って目的の場所に行きたい時、
地図を直接運転手に見せて「ここ」って言えば大概は、分かってくれて連れて
行ってくれます。殆ど現地語が喋れなくても事がすんでしまいます。あと、
あまり人気の無い国を旅行する場合は、定番となっている地球の歩き方が
便利だと、思います。人気の無い国の情報は、それなりに情報量は、少ない
のですが、交通機関などの紹介は、必ずしてくれているので便利です。
まぁ海外旅行での移動は、度胸がかなりのウェートを占めますので現地語が
喋れなくても堂々と日本語で言いたい事を言えば、相手は、同じ人間なので
大体分かってくれます。
posted by いぶきゆう at 22:28 | ガイドブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

海外旅行の持ち物:ショルダーバック

良く海外旅行で貴重品を持ち歩く際にウエストバックを身に着ける人がいますが
ウエストバックは、あり得ないと思います。なぜかと言うと、普段ウエストバックを
身に着けて外出していますか?そんな人は、めったに見ません。それは、
日常殆ど使用していないからだと思います。そんな物入れにどのくらいの物が
入るのか全く検討がつかないと思います。まして貴重品をそんなバックにいれて
おいたりしたら何かそのバックに異変が起きたとしてもほとんどわからないと
思います。それであれば、普段使い慣れているショルダーバックをたすきがけで
身に着ける事をお勧めします。普段使い慣れているバックであれば、どの位の物が
バックの中に入るのか検討がつきますし、そのバックに何か異変があれば、直ぐに
気が付くと思います。良く海外で、引ったくりに会う例としては、バックを
肩だけに掛けている時にひったくられている場合が殆どです。私もあんまり
治安の良くない処を、ショルダーバックをたすきがけで歩いた事が、何度も
ありますが、ひったくられそうになった事は、一度もありません。また、ウエストバックを、
身に着ける事があまりないので、直ぐに外したくなるに違いありません。
その状態で我慢して身に着けていると、せっかくの海外旅行も楽しさが半減してしましいます。
また、我慢出来なくて、外してしまうと、それも、かなり危険な状態になります。
私のお勧めは、ショルダーバックをタスキがけにして、新宿歌舞伎町の裏通り
みたいなとこに行かない事が一番だと思います。
posted by いぶきゆう at 00:00 | ショルダーバック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。