IMG_0139.JPG

2009年03月01日

海外旅行の持ち物:機内持ち込み用ビニール

海外旅行で持ち物に入れておきたい物の一つには、機内に持ち込む液体や、
クリーム状の物を持ち込む際に必要なビニールです。このビニールが
ないと、制限以内の液体や、クリーム状の物をもっていても、持ち物検査
で止められる可能性があります。日本の空港で止められるのは、まだしも
海外の空港で止められると、言葉もわからないし、搭乗時間も迫ってきている
ので、パニックになってしまう可能性があります。このビニールは、テロ対策で
数年前から実施されているのですが、実施当初は、日本の成田では、無料で
配っていましたが、最近は、配っていません。このビニールは、一枚あるだけで十分
ですが、無いと厄介です。もともとこのビニール一枚で収納出来る量の物しか
機内に持ち込めないので、重要なアイテムの一つともいえます。時々、この
事を知らずに持ち物検査場で、バックの中を洗いざらい出しているおばさんを
見かけます。特にヨーロッパの空港は、検査が厳しく、何回も、X線機を
いったりきたりしている人も見かけます。持ち物検査の時は、バックから
このビニールに入っている液体とクリーム状の物をビニールごと出すのと、
パソコンを持っている人は、パソコンを出すだけで良いのです。あと、ポケットに
入っている、財布、携帯電話、時計、ライターなどを持ち物ボックスに入れれば
OKです。ライターに関しては、時と場合により機内には、全く持ち込めない
事があるので、そこは、搭乗する飛行機会社のホームページなんかを確認
してみれば良いかと思います。
posted by いぶきゆう at 00:00 | 機内持ち込み用ビニール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

海外旅行の持ち物:ハンガー

海外旅行で持ち物の中であんまりみんなが持っていかない物としてハンガーが
あります。なぜハンガーなのかと言うと、洗濯をホテルのクリーニングに頼まずに
自分で下着等を洗濯する場合、殆どが部屋干しになると思います。部屋に
洗濯紐を張っても良いのですが、殆どの部屋にうまい具合に突起物がありません
バスルームも同じように突起物のような物は、うまい具合に存在しません。
そこでハンガーを使って干すのです。出来れば、ハンガーは、プラスチック
製で、引っ掛けるところが、クルクル回る物が良いかと思います。そのような
ハンガーがあれば、殆どのホテルに作り付けで設置してある、収納ボックス
の戸などに引っ掛けて干す事が出来ます。ハンガーと、洗濯バサミがあれば
シャツからハンカチ、下着、あんまり干す事は、無いかもしれませんがズボンも
干す事が出来ます。洗濯紐をもって私なんか右往左往した経験がなんども
ありますが、ハンガーがあればそんな事もありません。一回、泊まったホテルに
テラスが付いていたので、テラスの照明の腕に干した事がありましたが、マンマと
ベットメーキングの係りの人に見つかり、半乾き状態にも関わらず、取り込まれた
事がありました。海外旅行の持ち物としては、かさ張るように思えますが
一人頭5ヶ位持っていった方が良いかと思います。軽くて、薄い物であれば
持ち物としてそんなに重い物では、ないと思います。ホテルにもハンガーは、ありますが
木製であったり、取り外しが出来ない物もあったりとあんまり期待できません。
posted by いぶきゆう at 00:00 | ハンガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

海外旅行の持ち物:シャンプー

海外旅行で持ち物に入れておかないと困る物の一つがシャンプーです。これも
日本の旅館やホテルなんかには、個室の風呂しかない施設では、必ずおいて
あると思いますが、海外のホテルでは、日本と事情が一寸異なります。まず
中国ですが、中国のホテルにもシャンプーとかコンディショナーとか置かれて
いますが、特にシャンプーは、使ってみると必ず、トイレの芳香剤のような匂いが
して、使った後には、髪がごわごわにます。コンディショナーを使ってみると
あんまり良くなりません。中国の女の人は、髪の毛を洗うために、美容院に
行くようで、市販されているシャンプーとかコンディショナーは、あまり良い
物が無いようです。以前、これじゃたまらんと、中国のコンビニで、日本でも
名が知られているシャンプーを買ったのですが、偽物だったかもしれませんが
バックの中で蓋が開いて、バックの中がシャンプーだらけになった事がありました。
つくづく日本で売られている物の高品質さに関心しました。また、ドイツに
おいても、シャンプーと、ボディーシャンプーが一緒になった物が置いてあるだけ
であんまり良い気がしません。身体は、それで洗ったとしても、髪の毛は、
それで洗う気がしません。それで髪の毛を洗うと、坊主が石鹸で頭もあらうようで
気分が良くありません。そんな事情が良く伝わっていないかのように日本の
薬局には、旅行用のシャンプーと言う物は、殆ど置いていません、しかし、
日ごろ使用しているシャンプーを小分けにして持って行く位してもっていった
ほうが、毎日快適に過ごせると思います。
posted by いぶきゆう at 00:00 | シャンプー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。