IMG_0139.JPG

2009年02月22日

海外旅行の持ち物:衣類

海外旅行の持ち物の中で良く悩む物が衣類です。よく足りない衣類は、現地で
買って、帰りに捨ててくればいいじゃんと言う人がいますが、そんな人は、
見たことがありません。自分も気候が急に寒くなり、現地で買った衣類は、
おかしくならない限り、今でも日本で着ています。また、旅行だからといって
現地で気に入らない物を着ようとは思いません。出来れば、気に入った衣類を
着ていたいです。さて持って行く衣類の選定ですが、普段自分が着ている物を
一週間分なら一週間分持っていったら良いと思います。あとは、ネットか何か
で現地の気温を調べて暑かったら、日本で夏に着ている物、寒かったら、日本で
冬に着ている物をそれぞれ持っていったら良いと、思います。また、暑い地方に
行くのでしたら、一枚は、パーカーなどの長袖を持ち物の中にいれて置いた方が
良いかと思います。暑い地方の人達は、室内をエアコンでガンガンに冷やす事が
良いことと思い込んでいるようで、ホテル内なんかは、寒い位の建物があります。
それで体調をおかしくするする人がいる位です。また、ヨーロッパは、やっぱり
大陸なので季節の変わり目の秋とか春とかは、昼と、朝夕の気温差が15度位
あり、昼は、半袖、朝夜は、長袖でないといられません。そうゆうところに
行くと、四方海囲まれた日本は、なんて暮らしやすい土地なんだろうと思います。
また、ホテルには、クリーニングサービスがありますが、たいがい、乾燥は、
乾燥機を使って短時間に乾かしますので、縮んでは、いやな衣服は、クリーニングに
出さない方が良いでしょう。でも、パンツも靴下も洗ってくれるので便利です。
posted by いぶきゆう at 23:29 | 衣類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。