IMG_0139.JPG

2009年02月19日

海外旅行の持ち物:スーツケース2

海外旅行での持ち物のスーツケースの続きですが、第3の
ポイントですが、それは、カギです。カバン屋さんに行くと
わかりますが、今、海外旅行用のスーツケースの鍵は、
2種類に大きく分けてあるとと思います。一つは、いままで
あった、鍵穴か、磁石の鍵を回転させて開け閉めする鍵と
ジップなんとかというカンヌキみたい物がついている鍵です。
カンヌキみたいな鍵は、アメリカだけで必要な鍵のようです。
アメリカ入国する際に何をやっているのかと言うと、テロ対策で
スーツケースの中身を明けて確認しているようです。その
カンヌキのような鍵をアメリカの係員がもっていてその鍵で
明けて見ているようです。だからむかしからある鍵であると
係員が開けられずに鍵を壊して開けてしまうようです。私の
友人が昔からの鍵にベルトを巻いていたところ、散々待った
揚げ句に、鍵が壊され、ベルトがスーツケースに蝶々結び
されて出てきたらしいのです。スーツケースは、旅行中
ホテルに置きっ放しにする事が多く、貴重品は、入なくても
鍵をかけて置いておきたいものです。スーツケースの鍵が
旅行の行きに壊されてしまうと、スーツケースが壊れた事で
凹みますが、旅行中の荷物の心配までしなといけません。
そんな事にならないようにアメリカへ海外旅行に行く際には、
スーツケースの鍵は、必ずかんぬきのような鍵をお進めします。
あと、スーツケース選びで付け加えるとするのならば、ハンガーが
しっかりスーツケースに引っ掛かる物にしたいです。いくら
旅行といえども皺のない服を着たい時は、あります。あんまり
安いスーツケースだと引っ掻けからハンガーが落ちてしまい
皺になってしまう事が多々あります。
posted by いぶきゆう at 00:00 | スーツケース2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。