IMG_0139.JPG

2009年03月05日

海外旅行の持ち物:本

海外旅行での持ち物で本は、必需品です。飛行機に乗る時や、船に乗る時
なんか、なにかと待ち時間が多い物です。その時、電気を使わず時間を
潰せる物と言えば、本です。時間を潰す本として思い浮かぶのが、雑誌や
小説ですが、雑誌は、雑誌を隅から隅まで読む人は、別ですが、大体は、
パラパラめくって、気になったところだけを読むと言う使い方をすると
思います。これでは、良くて1時間で終わってしまいます。また、小説は、
ある程度集中して読まなければ筋を見失ってしまいがちです。待ち時間に
読むと言っても、海外では、荷物を自分で守らなければいけないので、自分の
荷物に気を配ってなければなりません。また、何時、搭乗口とか、時間の
変更があるのかもしれませんので、それほど集中して小説を読む環境では
ないのです。また飛行機の中でも、眠くなると、小さな字を追うのが、かなり
苦痛になります。私は、長時間飛行機に乗る時には、漫画の単行本を数冊もって
行きます。日頃読んで見たいなと思っている漫画の単行本を巻を通して
5冊以上持って行きます。漫画であれば、それほど集中しなくても筋を見落とす事
もありませんし、飛行機の中でも、絵もあるので目がそんなに疲れません。
それに大体単行本1冊でおおよそ1時間時間が潰れると計算出来ます。
また、その漫画を古本屋などで購入すれば、読み終わったら捨ててきても
あんまり気になりません。この方法で私は、12時間フライトを、なんも
気にせず過ごす事が出来ました。12時間フライトでも、寝たり、食事をしたり
映画を見たりして過ごせるので、何にもする事が無い時間は、大体4〜5時間
程で、片道5冊あれば十分に時間を潰せます。往復で10冊となると、多いと
思いますが、単行本なので、スーツケースに入れてしまえばそれ程苦になりません。
posted by いぶきゆう at 00:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。